本文へスキップ

長野市、千曲市の土地、戸建の不動産物件、不動産売却相談は南長野不動産株式会社へ

電話でのお問い合わせは026-214-5206

〒381-2205 長野県長野市青木島町大塚875番地5

資金計画financialplan

資金計画を事前に検討することが重要な理由

1.適切な資金計画

不動産の購入を検討中の方の多くが「借入できる金額+頭金=購入可能な物件価格」だと考えられているようです。住宅ローンの借入できる金額と適正な借入金額は異なります。無理なく返済できる金額が適正な住宅ローンの借入金額であり借入できる上限とは異なるということです。

銀行の審査がOKだとしても無理な返済計画を組んでしますとマイホームを手放すことがあったりそこまでいかなくともマイホームの維持のために他の支出を落としたりすることもあります。適正な借入金額とは借入可能額ではなく無理なく返済できる金額のことなのです。

2.物件の見学前に資金計画を考える必要があるのか

なぜ、物件の見学前に資金計画を考える必要があるのかというと物件を先に見学して購入したいと考えるとその物件の購入のために資金計画を合わせてしまう可能性があるからです。

マンション等一部の不動産を除き、土地、一戸建て住宅等の多くの不動産が売れてしまえばもう取得することができない不動産となるため、早い返事を求められるケースが多くなります。適切な資金計画を立てて、その資金計画と不動産の希望を合わせていくことが希望の不動産を無理なく購入できることにつながります。

3.購入計画の考え方

資金計画が決まりましたら「予算が○○○○万円ぐらいまでで○○エリアで土地○○坪で建物○○坪位の不動産を探したい」という条件で実際に不動産を探してみます。

この結果、希望通りの不動産が購入できる場合もありますが大半は「予算が足りない」「面積が足りない」などの現状がある程度、把握できると思います。これにより「エリアを変えてみようか」「大きさを小さくしようか」等のある程度の購入計画がたってくると思います。

4.不動産探しを開始する

これらをふまえますと
1.資金計画を立て、現状で無理のない予算を設定する。

2.物件の希望条件をイメージして希望の場所で予算内で購入可能か調べてみる。

3.購入が難しそうであるなら希望を変更するか検討してみる。
これが適切な資金計画、購入計画の考え方であると思います。希望条件が妥協できない場合は購入時期を延期する、家計を見直す、両親からの援助を依頼する等を考慮する必要があります。