本文へスキップ

長野市、千曲市の土地、戸建の不動産物件、不動産売却相談は南長野不動産株式会社へ

電話でのお問い合わせは026-214-5206

〒381-2205 長野県長野市青木島町大塚875番地5

不動産購入時の税金HEADLINE

不動産は取得時、保有時、売却時とそれぞれの場面においてさまざまな税金が課されます。そこでまず、家や土地を購入するときにはどんな税金がかかるのかといった基礎知識を説明します。

不動産を購入する時の税金の内容

印紙税
契約書に添付する印紙代です。売買金額によって税額は異なります。売主、買主で費用を折半いたします。
登録免許税
物件の不動産の登記のときにかかる税金のことを登録免許税といいます。不動産の名義を変更する「所有権移転」住宅ローンを借り入れした場合に設定する「抵当権設定」等があります。
不動産取得税
不動産取得税は、不動産(土地・家屋)を取得したときに1度だけかかる税金です。取得後(入居後)に課税されますので把握しておくことが重要です。
住宅ローン控除
住宅ローン減税とはマイホーム取得を支援する税制上の住宅取得支援のための税制優遇制度のことです。住宅ローンの借入残高に応じて所得税の一定金額が還付されます。初年度は確定申告が必要です。
贈与税
個人から年間110万円(基礎控除額)を超える財産をもらったときには贈与税がかかります。住宅取得資金の贈与に関する特例がありますので両親等から援助がある場合には検討します。
固定資産税
固定資産税とは 財産税の一つです。 毎年1月1日(賦課期日)現在で固定資産課税台帳に登録されている土地、家屋および償却資産の所有者に、その所在市町村が課税するものです。年の途中の売買の場合は日割り清算し、翌年より通知がきます。
消費税
「消費税」とは 商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して課税される税金のことです。不動産では土地は非課税、建物は個人が売主は非課税、法人は課税され、仲介手数料等も課税されます。